井上の株式投資の基本的なルール

投資対象は、基本的に中小型株です。大型株はプロのアナリストの分析がカバーされていて、「割安株」がそもそも存在しないこと、時価総額が大きすぎると指数を大きくアウトパフォームする可能性が低いこともあり、基本的に大型株は投資対象としません。

中小型株の中で何を選択の基準にするか、という点については、

  • 時価総額が大きくないこと
  • 増収は当然
  • 利益率が低くないこと
  • 社長、役員の持ち株比率が低くないこと
  • ビジネスモデルがしっかりしていること
  • 自己資本比率が低くないこと(最低70%以上)
  • 配当はなくてもよい(むしろ、無配の方がよい)

この辺りをルールに据えています。

一方、ヘッジについては、

  • 個別株の空売り
  • 先物の売り
  • プットの買い

で対応しています。この中では、コストや取扱いの容易さの観点から、先物の売りを選択することが多いです。